麻雀

今週の水曜日に狸小路のドンキーへ友人と打ちに行った。
因みにドンキーは初めてだったので最初は店員さんとマンツーマン。

「リーチです」

「ロン、ドラ12」

店員さんツヨス。俺は歯が立たなかった。
次こそは必ず倒してみせる。

とかあるのかなとか思ってたら店員さんめっちゃ良い人で
普通にルール説明してくれた。東北戦だった。
三色小タテあり。食いイーペーあり。W役満無し。
流し満貫は鳴かれてもおk。10翻からトリプル。アリアリアリアリアリーデヴェルチ。
見せ牌は普通に使ってたけどコシ牌ってのは初めて聞いた。
1000点供託で1巡現物でロンできないって聞いた。
でもその後同卓したばぁちゃんコシ牌しまくり。供託しなさすぎ。

「おーい、ばぁちゃん」

「ふぁぃ」

「ボラーレ・ヴィーア」

って言いたかった。我慢した。やったね。

点20の安心レートで5~6半荘打った。
上家のじぃちゃんが手堅すぎてイライラした。
昔行った雀荘のネクタイ締めた人を連想させた。
ツモとリーチと満貫ですしか喋らない人だった。

結果はトップ無しのラス2回くらい他曖昧。
点20でもそれなりに凹んだ。次は負けないようにしよう。そうしよう。
総合トップはじぃちゃんだった。年の功と思うことにする。したい。
てかレート計算もしてくれる雀卓があってびびった。
ラス喰らったとき液晶表示見てぶん殴りたくなった。ベネ(良し)。
全自動も良いけどやっぱ手積みも楽しいと思った一日だった。

んで今週の金曜の夜に内輪面子で徹マンした。
6~7半荘打ってこっちはトップ4回くらい取れた。ラス1回。
手積みだったからなのか全然眠くならなかった。
でもお天道様のアピールが強くて室温が厳しかった。
だから朝8時くらいで解散しました。
対面の日焼けボーイKくんが親のWリー三色インパチとか
あがったのを見て熱湯ぶっ掛けたいと思った。
下家のHくんは夏休みを利用しつつ札幌に帰郷して早々不運にも
飛ばされまくるという一日だったようだ。リネⅡやりすぎで鈍ってたようだ。
上家のAくんは相変わらず河が字牌臭かった。ホント手に入れれば良いと
5回くらい思った。セブンスターズとか普通にあがってたし。河で。
だがそれがヤツの限界なんだろうと俺はここに綴る事にする。
俺は特に見せ場無く倍ツモ1回、跳ツモ数回くらいだった。
だがそれよりもコンスタントに5200、3900をあがることを心がけた。
あと鉄壁。水曜日のじぃちゃんとやりあうにはそっちタイプの打ち方を
熟練しなければ無理だと悟った。悟る空と書いて悟空。オッス。

符計算が微妙に曖昧だけどトップを追いかけるときとかは
流石に解るのであとは慣れだと思うことにする。

若さを制御するか若さで制御するかを一局一局見極めなければ
多分熟練者には食い物にされるだけだろう。完。
ご愛読有難う御座いました。
[PR]
# by saki_0000 | 2005-08-14 03:58 | リアル